尿酸値は痛風のバロメーター

「風が吹いても痛い」といわれるくらいの痛みを伴う痛風。痛風は、血中の尿酸値が上昇して引き起こる病気です。
尿酸は通常、尿に混ざって体外に排出されますが、なんらかの原因により血中の尿酸が分解しきれず、体内にたまる場合があります。腎臓機能の低下や薬物なども原因のひとつですが、一番多いと考えられているのはプリン体の過剰摂取です。
プリン体は細胞の大切な成分ですが、過剰になるとプリン体から出る老廃物が体に蓄積されて結晶となり、尿酸の分解を妨げることになります。これにより、尿酸値が上がり、関節や神経を刺激して痛みを起こし、痛風の症状が現れます。痛風の悩み解決情報局

「痛風の悩み解決情報局」→>>こちらのHPには、痛風の原因や症状、治療法などが詳しく載っています。プリン体は食品に含まれていて、プリン体の多い食品(特にビール)は、気をつける必要があります。また、運動不足、あるいは過度の運動や筋肉疲労、ストレスなどでもプリン体が発生します。何事も“過ぎたるは及ばざるがごとき”ですね。どんなものでも過剰にとれば体調不良の原因になります。

健康診断などで、尿酸値7.0mg/dl以上の方は要注意です。何の症状もない、あるいは関節に違和感などを感じている程度のうちに受診して、生活(とくに食生活)を改善することをおすすめします。

Posted in 未分類 | Leave a comment

ノミやダニ、フィラリアの予防にはレボリューションがおすすめ

愛犬の健康は飼い主の方にとっての大きな喜びです。
ところが犬もさまざまな病気にかかりやすく、ノミやダニに悩まされているワンちゃんはかなり多いようです。
また、フィラリアという恐ろしい寄生虫に寄生されてしまうこともあります。
できるだけ日常生活で、ワンちゃんに負担の内容な対策をしてあげたいですね。

海外にはノミ・ダニ・フィラリアの良いお薬があります。
日本では「レボリューション」というブランドがおなじみとなっています。
レボリューションは輸入されており、現在では「犬のレボリューションのペットジョイ・ジャパン」などが主に取り扱っています。

レボリューションのお薬は、ノミやダニだけではなくフィラリアまで予防し、ミミヒゼンダニの駆除にも効果があります。
スポットオンタイプなので、経口薬が苦手なワンちゃんでも簡単に使えるという大きなメリットがあります。
犬だけではなく猫にも使えるので、猫派の方も試してみてはいかがでしょうか。
成虫のノミの駆除や産み付けられた卵のふ化も一緒に防げるので、卵があってもかゆい思いをしたり、一つ一つ取り除かなければならないという心配がありません。

ずっと一緒に暮らしていく愛犬や愛猫のため、レボリューションを用意してあげたいですね。
ペットジョイ・ジャパンでは、まとめ買いならさらにお得な割引価格で提供しています。少し多めに準備してあげるのもおすすめですね。

Posted in ペット全般 | Leave a comment

お悔み電報は遺族の気持ちをよく考えて送ろう

親しい人が亡くなった時に葬儀には参加できないといったときにお悔やみ電報を送らないといけません。お悔み電報は自分自身の気持ちを整理することができるし、もらった遺族の心の安心にもつながります。メッセージを送るときには気持ちを込めて贈るということが大事です。電報は気持ちを形にすることができますので業者の選び方や台紙の使い方などにこだわって送ってみるといいですよ。

業者によってサービスの内容には違いがあるからこそ業者の選び方に慎重にならないといけません。葬儀のような遺族の気持ちが沈んでいるときにはお悔み電報の送り方ひとつを考えてみても相手の立場というものを気遣って送る必要があります。お悔みの言葉に関しては自分なりによく考えて、マナーや礼儀に沿った正しい送り方を心がけてみてください。

亡くなった人が親か子供かでお悔み電報の送り方も変えないといけません。どうしても子供がなくなったときのほうが遺族の感情はデリケートになります。まずは遺族の気持ちをよく考えて自分なりに気持ちを共有してみると言葉も見つかります。もしもふさわしい言葉が見つからないといったときにはあまり言葉を選ばずに例文を参考にしてメッセージを考えて送ってください。

Posted in サービス | Leave a comment